Q-dent - クオリティの高い歯科診療とメインテナンスの提供のために Japan SurgiTel Users Group

「ここに来てから、むし歯にならなくなった!」一番うれしい言葉です おおこし歯科クリニック 竹林瞳さん

「先生のほう(治療)にはもう行きたくない。
僕はずっと、こっち(メインテナンス)に来るからね!」
そう宣言していく患者さんが多いという、おおこし歯科クリニック。
歯科衛生士の竹林瞳さんにとって、何よりの褒め言葉になっています。
その厚い信頼感を得るまでに、竹林さんから患者さんへ
どのようなアプローチがあったのでしょうか。

意識の高い患者さんにこそ、真剣に向き合いたいから

私、歯科衛生士としてはちょっと厳しいタイプだと思います(笑)。もちろん褒めるときは褒めますが、言うべきところはズバッと指摘するというか。特にサージテルを使うようになってからは、そういった機会が増えたかもしれないですね。
たとえば患者さんがメインテナンスへいらしたとき、拡大して見ると歯ぐきが全体的に擦れていることがあるんですよ。これは、直前になって必死に磨いてきた証拠。「1日だけ一生懸命磨いても意味ないんですよ~!」ってしっかり突っ込みますね。「そんなことまでばれちゃうの!?」と患者さんは一瞬慌てますが、同時に、それだけ真剣に診ているというのを感じてくれるみたい。「そうだよね。〝歯医者に来るから〟じゃなくて、全部の日をちゃんとやらなきゃいけないよね」と習慣を見直すきっかけになったりもしています。
やっぱり、メインテナンスに通われている方って健康への意識がすごく高いんです。私がサージテルを手にした理由の一つにはそういう患者さんの期待に応えたいという気持ちがあったし、だからこそごまかしたくない。「竹林さんのところへ来るようになってから、通っているのにむし歯になるっていう変なことが起こらなくなったんだよ」なんて言葉をいただけると、本当うれしいですね。歯科衛生士は〝先生の横で唾液を吸う人〟じゃないことが、伝わっているのかなと思います。

sub_visual_dr_011

本当のメインテナンスを知ってほしいんです

ただ、期待に応えようとするあまり患者さんの不安につながってしまったこともありました。私たちは超音波のような刃物を使っていますから、かなり気をつけないとオーバートリートメントになるじゃないですか。拡大してメタルが傷ついているのを見たりすると、余計なところを触らないようにとブラシも優しく当てるようになる。それが、かえって患者さんには「もっとガリガリやらないと汚れが取れないんじゃないの?」と感じさせてしまったようなんです。ある方から「こんなのメインテナンスじゃない」と言われてしまいました。
だけど、歯や補綴物への負担を少なくするとか、あとあとプラークをつきにくくするとか。本来の意味で口腔内の健康を考えたときに、何を優先するかは私たち歯科衛生士にしか判断できません。そこで、患者さんにはきちんと説明することに。「大事な歯や補綴物に傷をつけないように、拡大して見ながら必要なところだけに機械を当てているんです」。そうお話したら、「いろいろ考えた結果なんだね」と納得されて。自分が見えていることだけに満足するんじゃなくて、どういう意図があるのかちゃんとお伝えすることも重要なんだと実感しました。
一応、目が見えなくなるまでは歯科衛生士を続けるつもりです。「先生のほう(治療)にはなるべく行きたくない」という方もどんどん増えているので、これからも男勝りで突き進んでいきたいなと思います!

おおこし歯科クリニック 東京都杉並区西荻南2-21-4 B102 Web Site
一覧に戻る

ページ上部へ戻る