Q-dent - クオリティの高い歯科診療とメインテナンスの提供のために Japan SurgiTel Users Group

Doctor & DH Interview001

“今だけでなく、長期的に患者さんのためになる診療” それは、スタッフ一人ひとりの意欲を高めることで実現できます。

  • 三ツ境駅前スマイル歯科 樋田秀一 先生
  • 歯科衛生士 高橋さおり さん・溝口花穂 さん・鬼澤亜希 さん

来年の春に開業6年目をむかえる三ツ境駅前スマイル歯科。
患者さんやスタッフの笑顔が絶えない、にぎやかな雰囲気の医院です。
「やっと理想の医院に近づいてきた」
そう話す樋田院長。これまでどんな取り組みを行なってきたのでしょうか。

患者さんのために何をするべきなのか?歯科医師として、改めて考えました

開業するとき「患者さんも、スタッフも、自分も笑顔になる医院にしたい」と考え、“スマイル歯科”と名付けました。そのために、まず患者さんとのコミュニケーションを大切にしようと力を入れたのがカウンセリングです。でも、全然上手くいきませんでした。機器も導入し、説明しやすい環境を整えたもののスタッフが全然ついてきてくれず……。全員が辞めてしまい、とうとう解散。「何が原因なのだろう」と悩んでいたとき、医院を手伝ってくれていた友人の歯科医師にこう指摘されたんです。
「設備やカウンセリングも大切だと思う。でも、技術がともなっていなければ本当に患者さんのためになる医療は提供できない」
その一言で気づきましたね。患者さんによかれと思い試行錯誤してきたつもりが、歯科医療に一番大切な「質の高い治療をすること」ができていなかった。これでは、スタッフも患者さんもついてきてくれるわけがないですよね。だからまず、技術を上げることを最優先に考えるようになったんです。そこで、友人の歯科医師が使っていたサージテルを、僕も使うようになりました。

スタッフの成長は、医院の成長。だから投資しようと思うんです

「こんなに下手くそだったの!?」
初めてサージテルをつけたときは、本当にショックを受けました。自分で思い描いていたレベルの治療が全然できていなかったんです。それからは、ひたすら練習。自分で「上手くなった」と実感できるようになった頃、スタッフもついてきてくれるようになりました。
サージテルを使い自分の技術が高まることで、レベルアップしたいという気持ちがどんどん湧いてくるんですよね。歯科衛生士にも同様の思いを持ってほしくてサージテルを導入したところ、予想通りよい変化を起こしてくれました。
たとえば、歯石の取り残しが減ったりマージンのチェックが早くなるなど技術が向上します。そして、「仕事が楽しい」と自ら倍率を上げるなど、仕事への取り組み方も意欲的になっていくんです。「上手くなる」ことが楽しいのは、歯科医師も歯科衛生士も同じ。自分がステップアップしているのが、目に見えてわかるとうれしいですよね。一生懸命上を目指すことで、成長が早くなりました。

サージテルを使って実現できたのは、長い目で見て患者さんの利益になる診療です

正直に言いますと、歯科衛生士にサージテルを導入してはじめは診療に時間がかかるようになりました。回転率も下がりました。僕自身も経験しましたが、慣れるまでの間は診療が丁寧になることで手が遅くなりますから。
歯石が見えるから、取る。すると一回のスケーリング時間が長くなる。でもその結果、来院回数が減り、早くよくなります。トータルで見れば、必ず患者さんの利益になるんです。
サージテルを使うことで、スタッフ一人ひとりの技術とやる気が高まり医院全体のレベルが上がったのを感じます。本当に患者さんのためになる診療を提供するため、今の体制を続けていきたいですね。

三ツ境駅前スマイル歯科でサージテルを使い始めた3名の歯科衛生士。
拡大視野下の診療を行なうことで起こった変化について、お聞きしました。

歯科衛生士 高橋さおり さん

一番うれしいのは、モチベーションが上がったことです。「もっとキレイにしたい、上手くなりたい」と思うようになって、仕事がすごく楽しくなりました。
それから、歯科衛生士という仕事への認識も変わりましたね。自分も先生と同じくらい精密な診療をしなくてはと考えるようになったんです。歯科衛生士は患者さんの口腔衛生に責任がある立場。これからもその役割をしっかり果たしていきたいですね。

歯科衛生士 溝口花穂 さん

スケーリングの効率がすごくよくなりました。
先生や先輩に質問する内容も変わりましたね。以前は「どこをどう見たらいいのかもわからない」ということがあったんです。でもサージテルを使うことで、「この歯石はどう取ればいいのか。どの角度で挿入するのか」という具体的な話ができるようになりました。

歯科衛生士 鬼澤亜希 さん

初めてサージテルを使ったとき、縁下のプラークが流れるのがわかって感動しましたね。裸眼では絶対に見えないものが見えるので、もっと細かいところまで気をつけるべきだと気づきました。サージテルを使うことで一気に増えた目からの情報を、これからきちんと活かしていけるようにしたいです。

三ツ境駅前スマイル歯科 神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境8-6 Web Site
次の記事を読む

ページ上部へ戻る